■スコアボード
 

松尾クラブの公式戦・練習試合を含めた対外試合の記録・7月度です。

2004年
2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
  • 7月4日、西京理事長杯リーグ戦最終戦が行われました。リーグ戦の通算結果は2勝4敗と負け越しでしたが、有終の美を飾れてホッと一息。
    また、ここ2週間で結構練習試合をしていますが、スコアをつけていなかったり、こちらにまだ詳細連絡がなかったりで報告できませんが、また結果詳細があるものは掲載したいと思います。
     
  • 7月18日、AチームとCチームが練習試合、両チームともいい試合をして勝利。Cチームの結果のみ先に掲載、Aチームの結果はまた詳細の連絡が入り次第掲載します。
    また、7月3日、10日に行われたCチームの練習試合の結果を掲載しました。ちょっと間が空いてしまったので、監督コメントなしですみません。
     
  • 7月27日、Aチーム全京都大会1回戦で敗退…残念です。
     
  • Cチーム全京都大会ジュニアの部・7/30・1回戦・御室体振ウイングス、7/31・2回戦・強豪篠少年野球クラブを下して3回戦へ勝ち上がりました!次戦は8/2です。
     
 
7月度戦績
7月まで通算
チーム
公式戦
練習試合
合計
公式戦
練習試合
合計
Aチーム
1勝1敗
0勝0敗
1勝1敗
10勝13敗
2勝1敗
12勝14敗
Bチーム
0勝0敗
0勝0敗
0勝0敗
3勝8敗
1勝2敗
4勝10敗
Cチーム
2勝0敗
2勝2敗
4勝2敗
2勝1敗
4勝3敗
6勝4敗
 平成16年7月31日   全京都大会ジュニアの部2回戦・Cチーム・○  殿田G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
松尾クラブ
3
0
2
0
1
6
3
1
篠少年野球クラブJ
0
0
1
1
0
2
1
2

コメント

監督談:

強豪チーム相手に、素晴らしい試合をした。チャンスを確実にモノにし、逆にピンチを好プレーでしのぎ、最後まで集中力を切らさず、練習でもなかなか出ないようなプレーが続出。本当に良く頑張った。

 平成16年7月30日   全京都大会ジュニアの部1回戦・Cチーム・○  殿田G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
松尾クラブ
8
2
5
15
4
1
御室体振ウイングス
1
0
1
2
2
12

コメント

監督談:

相手チームは3年生主体のチームなので、大差の試合となったが、そうした試合の流れに流され、怠慢なプレーをする選手が数名いた。どんな時でも試合中は集中し、全力のプレーをしなければならない。

 平成16年7月27日   全京都大会・Aチーム・×  横大路G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
松尾クラブ
3
0
0
0
0
3
6
8
葛野ジュニアズ
1
0
3
6
×
10
5
2

コメント

監督談:

『勝ちたい』という気持ち・『勝負』をする姿勢がまったく見られなかった!この大会は、京都全域が参加しての学童野球最後最大の大会だ。そんな試合で、エラー8個・スコアに付かないエラーを含めると10個以上のミスをしたのでは・・・。
試合前・試合中に指示したこと(1)グランドが硬いこと(2)相手ピッチャーの球を十分呼び込んで打つこと(3)今日のストライクゾーンは低めに広い等々に何等反応できてなかった。大きな大会はこれで最後だが、今後の公式戦や練習で今日の反省をいかしたプレーを見せて欲しい。そして、一つでも一番を取ろう!

スコア:

1回先頭打者センター前ヒット センターが後逸し、一気にホームイン・2番打者ライト前ヒット ライトがワンバンを被って3塁へ・3番打者ライト前にポテンヒットで2点目・4番打者(ヒットエンドラン)ライトゴロの間に走者2塁へ・5番打者のタイムリーがでて3点目・6番打者外角球をうまく打つも6-4-3に終わる。
3回裏1塁にランナーをおいてのセカンドゴロを連携ミスによりオールセーフ・相手4番打者にHRを打たれ逆転されもたつきながらもこの3点に抑える。4回裏またしても内外野にエラー続出で6失点。1時間25分の試合時間を使いきることなく5回7点差コールド負けとなる。非常に残念!

 平成16年7月18日   練習試合・Cチーム・○  嵐山東G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
山王スポーツ少年団
0
0
2
2
1
4
松尾クラブ
6
3
0
9
4
0

コメント

監督談:

ノーエラー、ツーランスクイズが成功したりと、攻守ともに引き締まったいい試合ができた。
ただ、まだ試合中に集中力を欠いている子が多い。試合に出ている子はもちろん、ベンチにいる控えの子もいつでもゲームに入って行けるように集中して欲しい。

 平成16年7月10日   練習試合・Cチーム・○  嵐山東G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
松尾クラブ
3
3
0
1
0
7
4
4
吉田タイガース
1
0
1
0
0
2
3
3

コメント

監督談:

 

 平成16年7月4日   理事長杯・Aチーム・リーグ戦最終戦・○  西京専用G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
桂東体振ライオンズ
0
1
0
0
1
2
3
松尾クラブ
8
1
1
11
5
2

コメント

監督談:

リーグ戦最後の試合を勝ててよかった。初回ボールを良く見て7番バッターのグランドスラムで大量リードが取れた。
途中交代で出場の5年生(ショート・ピッチャー)が6年の試合とゆうこともあってか、いい緊張をもってすばらしいプレーをしてくれた。さらにS君の前を目指して果敢に攻める走塁は、今日最高のプレーだった。残念なのは、2回の1点をとられたプレーだ。1アウトランナー1・3塁スクイズ失敗で走者が飛び出したときの判断ミスと内野からの指示が出ないことだ。
また、ポジションが入れ替わったときでも、的確な状況判断が出来ればカバーに入れなかったり、衝突するようなことにはならないだろう!その周りの野手も大きな声で指示を出さなければ・・・。つまり、いつも言っている1球に『集中』する
そして、悔いを残さないよう全力でプレーし、全京を勝ち抜こう!!!

 平成16年7月3日   練習試合・Cチーム・×  嵐山東G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
松尾クラブ
3
0
0
1
4
4
7
オール広沢
2
1
5
0
8
6
3

コメント

監督談:

 

 平成16年7月3日   練習試合・Cチーム・×  嵐山東G
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
H
E
樫原クラブ
5
1
2
4
12
4
4
松尾クラブ
1
0
0
4
5
2
4

コメント

監督談:

 


2004年
2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 最新

トップページへ

Matsuo Club, Kyoto